趣味に最適!ガーデニング・園芸・家庭菜園を始めたい初心者の方のために役立つ情報を発信するサイト

初心者向けガーデニング・園芸・家庭菜園解説サイト

家庭菜園

プランター菜園のメリットと注意点

更新日:




プランターは、家庭菜園の定番と言っても良いぐらい、あれば便利で出番の多い資材のひとつです。プランターはの植物植え付け用途に特化したプラスチック製の容器で、長方形角型で手で持てる程度の大きさのものが普通です。底には排水用のネットか、穴が開けられています。いろいろな色やデザインもあるのですが、普通は白色のものを利用します。

プランターを利用するメリット

プランターを利用するメリットとしては、地植えに比べて移動など管理がしやすい事です。特に植物を植えるスペースが無いアパートなどでも、通路の空きスペースや、家屋の周囲といった場所などにも置いて植物栽培を楽しむ事ができる点が優れています。作物を植え分けるといった事も、プランター毎に管理できるので便利ですし、花時や成長に応じて設置レイアウトを変更できます。また、苗の育成や資材の運搬など容器としても多用途に使うことができます。

家庭菜園では、収量の多さよりも、多種多彩な植物を丹念に栽培できるという楽しみ方が一般的なので、このようなプランターを利用すると大変便利ですね。使わないときは、重ねて積んでおけば良く、場所もとりません。

プランターを利用する注意点

プランターを利用する上で注意点をあげるならば、プラスチックの材質の劣化に気をつける必要があることでしょう。プランターは園芸用途を十分に考慮して強度もあり丈夫に作られてはいますが、プラスチックは数年で劣化して細かなヒビが入ってきます。寒暖の激しい場所で使用すると、寿命も短くなります。日光のあたる屋外に放置すると1年程度でも紫外線の影響で劣化して破損するおそれもあり、運搬の際など手をかけた部分から破損して落下したり割れ口で手を怪我することもあるので注意してください。また、実際に植物を植えてわかるのは、用土や水分、作物など全体の重さはかなりの重量になる場合があります。移動や設置の際には落下して事故などが無いよう十分に注意した方が良いでしょう。

古くなったプランターは廃棄物として処分しなくてはなりません。一般の可燃ごみとは区別して処理しなくてはなりませんが、泥や水分を除いて分別しても量が多くなるとかさばって捨てるのも苦労しますので、これもあらかじめ念頭においておきましょう。

生涯役立つガーデニングの知識

-家庭菜園

Copyright© 初心者向けガーデニング・園芸・家庭菜園解説サイト , 2019 All Rights Reserved.