趣味に最適!ガーデニング・園芸・家庭菜園を始めたい初心者の方のために役立つ情報を発信するサイト

初心者向けガーデニング・園芸・家庭菜園解説サイト

家庭菜園

自然農法

投稿日:




すでに家庭菜園で、野菜や果実を栽培されている方であればお気づきかと思いますが、作物の中にはそれほど手入れをしてあげなくても、立派に元気に育つものもあれば、決まった管理を行っていても、簡単に病気になったり害虫の被害を被ったりする場合があるということでしょう。作物の種類だけではなく、同じ作物でも品種の選び方によってもこのような事がおこります。

私たちが家庭菜園で栽培する園芸植物は、人間の育てやすい性質をもったものばかりではありません。中には収量や品質を優先した結果、栽培テクニックが必要となる品種も普通にあります。このようないわば「温室育ち」の品種は、日常管理も大変で、害虫や暑さ寒さにも弱いものがままあります。おそらく自然の野山では、最初に淘汰されて生き残るのは無理な作物と言えるでしょう。

以上のような問題は、商業園芸作物の場合には、コストと収入といった直接的な問題にも発展しがちです。しかし家庭菜園で栽培するならば、もっとも大切な事は、育てやすくて美味しい野菜をつくることが第一の目的となります。そしてその植物本来の味覚を楽しむだけではなく、食の安全性も重要となってきます。

私は以前、アメリカの農家に手伝いに行った事があります。そこではタマネギやアスパラガスなどを輸出用として大規模に生産しておりました。このような栽培では、施肥や薬剤散布は当然機械化されています。畑が地平線に隠れてしまうほど規模が大きいので、管理も化学肥料や除草剤、農薬散布オンリーで、まるで工場生産のようです。アメリカの大型トラクターの運転席は完全気密構造で、エアコン標準装備は普通ですが、これはオペレータの機嫌をとるというよりも安全性を考慮した結果です。実際の作業では防毒マスクが必要となる場合もあるのです。こうやって生産された作物は、虫もつかないし、腐りもしない不思議な野菜です。皆さんはこれを毎日食べたいと思いますでしょうか。

自然農法は、できるだけ化学物質を使用せず本来の作物の生命力を利用する農法といえます。自然農法では、それなりに弱い植物を守る必要があるので、農薬や化学肥料にかわる手間がかかりますが、その分、自然の味覚として楽しむことができますし、食の安全性からいっても、余計な心配をしなくてすむのですから、これは家庭菜園に積極的に取り入れたいところですね。

生涯役立つガーデニングの知識

-家庭菜園

Copyright© 初心者向けガーデニング・園芸・家庭菜園解説サイト , 2019 All Rights Reserved.