趣味に最適!ガーデニング・園芸・家庭菜園を始めたい初心者の方のために役立つ情報を発信するサイト

初心者向けガーデニング・園芸・家庭菜園解説サイト

家庭菜園

ビニールハウス栽培

投稿日:




作物栽培では、育成管理の良否が収穫の成績となってあらわれやすいものです。そのためできるだけ自然の影響から作物を守り、適切な栽培管理をしやすくする必要があります。

このような理由により、栽培環境を整備する目的で、温室などの施設栽培を行う場合があります。ガラス温室などであれば、一度設置してしまうとほぼ恒久的に使用することになりますが、例えばビニールハウスであれば、作物の種類や時期によって、設置を撤去したり、配置を変えたりしやすいメリットがあります。また、ガラスでなく軽量でコストも安いビニールを使用するので、丈夫で安価にハウス設置できるメリットもあるでしょう。

ビニールハウスは、トンネル栽培の大型化のように考えても良いですが、作物の管理しやすい環境を人間が中に入って整えることができるスペースがあるので、それだけ管理にも便利になります。ハウス内の容積も大きくなるので、それだけ環境の変化も受けにくく、弱い植物の育成にも便利になります。

家庭菜園でビニールハウスを設置するのは、かなり本格的な栽培になるでしょう。しかし一度ハウスを設置してしまえば、毎回の育苗の温室や、雨にあたると困る肥料や用土といった園芸資材の保管場所としても使えますので、ある程度の広さをもった畑を有する園芸家にとっては多目的に便利に利用することができます。

ビニールハウスは、ガラス温室と異なり、物理強度面や耐久性で劣りますが、その分簡単に設置できます。ガラス温室と同様に栽培植物の保護管理が簡単にできて、いつでも撤去ができる反面、資材の老朽化によるビニールなどの廃材の問題も出てきます。小さなハウスでもビニールなどはかなり大量に処分しなくてはいけませんが、家庭ごみの範疇を超えてしまいますので、廃材処分の際には注意が必要です。

生涯役立つガーデニングの知識

-家庭菜園

Copyright© 初心者向けガーデニング・園芸・家庭菜園解説サイト , 2019 All Rights Reserved.