趣味に最適!ガーデニング・園芸・家庭菜園を始めたい初心者の方のために役立つ情報を発信するサイト

初心者向けガーデニング・園芸・家庭菜園解説サイト

家庭菜園の場所

植木鉢を買う時の選び方や注意点

投稿日:




家庭菜園の定番資材といえば、植木鉢がなくてははじまらないでしょう。植木鉢は家庭菜園でなくても、植物の容器として植物栽培資材の基本ですね。

最近は、園芸店で花を買うにしても、樹脂製のしゃれたデザインやかわいいカラーの鉢植えで購入することがほとんどです。実はこういった鉢の中には、販売用の装飾性を優先したものも多く、本来の栽培にはあまり適さない場合もあるのです。そのため買ってきたままの植木鉢のままで育てているとだんだん弱ってきてしまう場合もよくあります。

それでは、植物にとって良い植木鉢とはいったいどのようなものなのでしょうか。植木鉢の役割はいくつかあります。最も基本的な目的は草花をしっかり植えつけて安定させることでしょう。確実に植えつけることができないと植物は生きていくことができません。そのため簡単に転倒しないような重量が必要です。よくプラスチック製の軽い植木鉢を見かけますが、この場合は植え込む鉢土の重さで鉢全体の安定を維持する必要があります。

次に鉢にはある程度の強度が必要とされます。すぐに破損してしまいますと、植物の生育途中で何回も植え替えたりしなくてはならなくなり不便です。この点、薄手のプラスチック製の鉢では、何回か植え替えただけで簡単に割れていまう質の悪いものもありますし、用土の重みや根の成長でひずんで変形するものも多いものです。

さらに最も重要なことは、植木鉢は根の生育の場であるので、通気性や保湿性、保温性といった難しい条件を満たさなくてはなりません。植物の根、その中でも成長に大切な細根は、人間の毛細血管のように微細でデリケートな器官ですから、ちょっとした乾燥や通気の不良、急激な寒暖の変化ですぐに死んでしまいます。特に露地の土中とはことなり植木鉢は絶えず外風にさらされるため、植物にとっては過酷な環境条件にさらされているわけです。

それでは、こういった条件を満たす理想の植木鉢とはどういったものがあるでしょう。これが皆さんもよく目にする機会の多い素焼きの植木鉢です。レンガ色のものですね。焼き物であるかぎり強度的に脆いという点は否めませんが、保水性、排水性、通気性などはかなり良い条件を満たしています。ただし乾燥や温度変化に弱い苗などは、発泡スチロールの容器の方が適していますが、素焼きの鉢のような強度が無いため、繰り返し使うのには問題があります。市販のおしゃれなプラスチック製の植木鉢も短期的に観賞用として使用するのには特に問題もありませんが、軽くて丈夫という点以外は、通気性など問題があり、あまり条件的に良い植木鉢とは言えないでしょう。

生涯役立つガーデニングの知識

-家庭菜園の場所

Copyright© 初心者向けガーデニング・園芸・家庭菜園解説サイト , 2019 All Rights Reserved.