趣味に最適!ガーデニング・園芸・家庭菜園を始めたい初心者の方のために役立つ情報を発信するサイト

初心者向けガーデニング・園芸・家庭菜園解説サイト

*

野菜の育て方

きゅうりの育て方

投稿日:

キュウリはウリ科の作物で、インド地方高地の原産とされています。シルクロードで中国にわたり、日本にも10世紀頃にマクワウリと前後して移入されたといわれ古くから利用された作物といえるでしょう。一般的な食べ方は生食や漬物ですが、キュウリのスープという料理もあるようです。

キュウリの生育適温は17~28℃といわれ、比較的冷涼野菜という性質を持っていますが、日本の気候では寒くなると栽培はできません。ビニールハウスなどがあると冬でも収穫することができるようです。キュウリは成長がはやく、花芽をつけるとあっというまに結実し、植え付けから2ヶ月程度で収穫できるようになります。普通利用するキュウリは若い果実であり、放置しておくともっと大きくなって味は悪くなります。収穫の最初の2,3回は若いものを全て取り去ってしまうと、次の花芽分化が促進され、長く収穫することができます。

植え付けは春4月頃から5月ぐらいまでが適期です。この時期には種苗店でも苗が販売されますので、その苗を購入して植え付けます。苗を選ぶ場合には、指先でちょっと押してみてぐらぐらとしないものを選ぶと根鉢の発達も十分で丈夫に育つものです。また、苗には実生苗と接木苗がありますが、接木苗は病気につよく成長力も高いのが特徴です。少量の植え付けであれば、こういった接木苗を選ぶとまちがいありません。植え付け後は成長にあわせて支柱などで倒伏を防止します。ある程度成長したら、地面から30センチ程度の高さの新芽は除去します。1メートル以上の高さになって支柱の高さを超える場合には先を摘心してそれ以上伸長するのを防ぎます。収穫は品種にあわせて20センチ程度の長さになった実から収穫していきます。結実をはじめると、毎日収穫があるので食卓も賑わいます。キュウリは比較的病気や害虫が多いので成長途上には防除の薬剤散布も行います。

-野菜の育て方

Copyright© 初心者向けガーデニング・園芸・家庭菜園解説サイト , 2018 AllRights Reserved.