趣味に最適!ガーデニング・園芸・家庭菜園を始めたい初心者の方のために役立つ情報を発信するサイト

初心者向けガーデニング・園芸・家庭菜園解説サイト

*

野菜の育て方

トマトの育て方

投稿日:

トマトは家庭菜園の中でも作りやすい作物で、収量も多くチャレンジしてみたい作物です。トマトはスーパーでも簡単に購入できる時代になりましたが、自家菜園では完熟してから採りたてを生食できるというメリットは、食べてみた方ならおわかりかと思います。トマトはナス科の植物で独特の植物臭を持っています。栽培のコツは結実後は乾燥気味で管理することでしょう。水を与えすぎると果肉の肥大と果皮の成長のバランスがこわれて実がすぐにひび割れてしまいやすいものです。

トマトの種類も、選ぶのに迷うほど最近ではいろいろな大きさのものから耐病性の高い品種、味の良い完熟トマトなど、多くの品種があります。それぞれ品種には魅力があるのですが、肝心なのは、栽培する土地に適した品種を選ぶことでしょう。トマトはナス科作物の宿命である連作障害が出る作物です。ナス科の作物をつくった跡地で栽培を行うと成績が芳しくありません。また、栽培時に付近にナス科の作物があると病害虫の被害が大きくなるので注意したいものです。植え付けは春の中頃が適期です。この時期に丈夫な苗を購入し植えつけます。トマトの実つきには主枝につく花を残して結実させ育成すると良いものが収穫できます。もし苗の時点で花芽がついているものであればベストです。植え付けは畑土を良く耕し畝をつくり成長後の状態を考えて全草に十分日光があたるような間隔をもって植えます。草丈が大きくなる品種は成長につれて倒伏する場合もあるので支柱なども準備しておきましょう。植え付け時期はたっぷりと灌水をしてやると活着が良くなります。

トマトは成長とともに次々と花をつけ始めます。しかし主枝の花の結実が良い品質の果実になりますので、脇芽などは摘み取って栄養が主枝にまわるように管理します。また、適当な整枝も行わないと、葉の重みで倒伏したり果実に十分な日光があたらなくなるので整枝は大切な作業です。

-野菜の育て方

Copyright© 初心者向けガーデニング・園芸・家庭菜園解説サイト , 2018 AllRights Reserved.