趣味に最適!ガーデニング・園芸・家庭菜園を始めたい初心者の方のために役立つ情報を発信するサイト

初心者向けガーデニング・園芸・家庭菜園解説サイト

野菜の育て方

にんじんの育て方

投稿日:

ニンジンは作物の中でも、鮮やかなオレンジ色で食欲をそそります。栄養も豊富に含まれビタミンAの構成要素とされるカロチンを高度に含有していますので、健康野菜として重要です。ニンジンは主に根菜として利用しますが、家庭菜園では、豊かに育った上の葉茎も何だかもったいない感じがします。実はニンジンの葉もとても美味しいもので、細かくみじん切りにして炒めると香ばしく、セリのようなセロリにも似た野菜として利用できます。ご飯のお供としてふりかけて食べるのも最高です。ニンジンはセリ科に属しますので栽培全般で水分を好む性質があるように思います。

ニンジンの栽培時期は春蒔きか、梅雨をはさんで夏蒔きになります。用土はあらかじめ良く耕して堆肥や石灰などを加えて準備します。畝の表面はよく整地してそこに種を播種しますが、この時注意したいのが、覆土は軽めにし深く種を埋めてしまわない事です。ニンジンは発芽に光を必要としますので、種が光にあたらないと発芽率が悪くなります。ニンジンは発芽させるのが難しいとよくいわれますが、これは覆土が深すぎる場合が多いからとも言えそうです。また、覆土を薄くしすぎると発芽条件が乾燥しやすくなるので、これも発芽率低下の原因となります。そこで播種して芽がでるまではモミガラなどで保護して十分に水を与えて管理する必要があります。発芽後も乾燥すると枯れやすいので、湿気を失わないように十分に灌水して、強風などで畝が乾燥しないようにマルチなどを設置します。新芽がでそろったら、数株程度に間引きをします。その後は追肥などを行い、成長にあわせて土寄せなどを行い管理します。

ニンジンの収穫は根元をみるとおよその大きさがわかりますので、適当なところで引き抜いて利用します。品種にもよりますがおよそ3ヶ月~4ヶ月程度で収穫できると考えて良いでしょう。

ニンジンの代表的な害虫はキアゲハなどの幼虫がつくことです。アオムシなどと比べて大きくて気持ちの良いものではありませんが、見つけやすいので捕獲して除去することが可能です。捕まえると強烈なニンジンのような異臭を放ちますが、毒はありません。

生涯役立つガーデニングの知識

-野菜の育て方

Copyright© 初心者向けガーデニング・園芸・家庭菜園解説サイト , 2018 All Rights Reserved.