趣味に最適!ガーデニング・園芸・家庭菜園を始めたい初心者の方のために役立つ情報を発信するサイト

初心者向けガーデニング・園芸・家庭菜園解説サイト

野菜の育て方

キャベツの育て方

投稿日:

キャベツも家庭菜園ではポピュラーな野菜のひとつでしょう。かつては冷涼を好む野菜として、暖地の夏の暑さではよく育たないとされていましたが、品種改良が進んだ結果、今では一年中植え付けることも可能です。私は昔フィリピンで野菜をつくっていたことがありましたが、熱帯でキャベツをつくるのはとても困難で、そのため高地から取り寄せるしかなく、価格も一玉日本円にして500円~1500円ぐらいもする高価なものでした。逆に考えるとキャベツが栽培できれば農家は高収入が得られるというものです。実はキャベツは日本の改良品種で熱帯でも立派に育つ品種が作られており、その種さえ手に入れることができれば、もう鬼に金棒であったわけです。ところがその種こそとんでもなく高価で1缶が日本円換算で5万円程度で販売されているため、零細な農家はつくることができないのです。

もちろん日本では、園芸店に売られているものの中から好きな品種を自由に購入して植え付けることができますし、種が高いということも無いと思います。詳しい育てかたなども種のパッケージに記載されていますから、そのとおりで問題無いでしょう。注意しなくてはいけないのが、植え付け時期を間違わないようにすることです。アブラナ科の野菜は結球を始めるタイミングや花芽形成時期など温度と日長が関係します。キャベツなどは十分に葉が成長してから結球を始めないと立派な品質になりません。キャベツの品種ではこの時期がそれぞれ違いますので、よく確かめてから植え付けましょう。しかし、この考え方もあくまでも原則であり、最近の品種改良品では、なにも考えずに植えるだけで大丈夫というものもありますので、初心者はそのような種を選ぶだけで良いでしょう。植え付け後の管理は他のアブラナ科の作物と同様と考えて良いでしょう。

生涯役立つガーデニングの知識

-野菜の育て方

Copyright© 初心者向けガーデニング・園芸・家庭菜園解説サイト , 2019 All Rights Reserved.